女性はカンジダに感染しやすいって本当?

落ち込む男性

カンジダは女性の5人に1人が感染しているといわれるほどポピュラーなものです。
カンジダそのものは女性の膣内にもともと存在する常在菌で、普段は乳酸菌によって膣内を弱酸性に保つことでこのカンジダ菌の繁殖をおさえたり、悪影響を与えるのを防ぐことができます。
しかし、ストレスや免疫力の低下により膣内の常在菌のバランスが崩れるとカンジダが増殖し、症状が出て来てしまいます。
また、風邪などの治療のため抗生物質薬を長期間服用することもカンジダ菌が勢力を増す原因です。
もともと体にある菌なので、女性の場合は自己感染がほとんどになります。
性行為でも移る性病というのは事実ですが、その確率はあまり大きくありません。
症状が出にくい男性が感染していて女性に移してしまうということもあり、その逆もあり得ますが、その確率は1割程度といわれています。
それよりも普段の生活習慣や体調によって発症してくる病気といえるでしょう。
特に女性は体調を崩したり、生理や妊娠時に繰り返し再発するということもよくあります。
性器カンジダの症状は女性の場合、外陰部が強烈なかゆみに襲われる、痛むなどのほか、おりものの臭いがきつくなったりカッテージチーズや酒粕のように白くてボロボロとした状態に変わるのが特徴です。
このような症状が出た場合は速やかに治療することが大事ですが、常在菌であるカンジダをうまくコントロールすることで発症させないということも大事です。
そのためには体調をしっかり整え、免疫力を高めておくということを心がけましょう。
常在菌はいつも身体の中にあるものなので、感染や潜伏期間といったことを特定するのが難しいものです。
身体が弱ったときや抗生物質を使った時、ステロイド剤を使ったときなどに増殖し、炎症などを引き起こしますので、身体を強く保つことが発症を防ぐ有効な方法になります。
現実に、症状がでないまま性交渉を行って感染させてしまったとしても、受け取る側の免疫力が高ければ発症することはありません。

カンジダの治療について

カンジダを発症した場合、薬での治療となるのが一般的です。
この性病を発症させる真菌という、カビの1種を殺菌する作用のある抗菌薬が処方されます。
飲み薬だけでなく女性がカンジダを発症した場合は、膣錠やクリームといった薬を使い治療するケースも多いようです。
どのタイプで治療を行うかは医師の判断や、症状などによって変わります。
膣錠やクリームだと違和感があるという場合は、飲み薬で治療することになるでしょう。
膣錠とクリームは併用して使う事で、さらに高い治療効果を発揮するのが特徴的です。
このような治療によって症状を改善できるカンジダですが、この性病を引き起こす真菌は元々、人の体内に住み着いている常在菌ですので場合によっては完治しても、再発するケースが考えられます。
例えば体調不良や生活習慣の乱れで、免疫力が下がってしまうとバランスが崩れカンジダ菌が異常増殖して、再発してしまう場合があるようです。
性病といえば性行為で感染するものというイメージがありますが、免疫力が下がってしまうと再発してしまう可能性も高いので注意しましょう。
事実、カンジダは再発する患者さんが多い性病とも言われています。
睡眠時間は十分にとる、栄養バランスの整った食事を心がけるといったことが、免疫力の低下を予防するために必要な対策法です。
またストレスが溜まるのも免疫力を下げてしまうので、できるだけリラックスできる時間を作りましょう。
この他にデリケートゾーンの洗い過ぎも、再発を引き起こす1つの要因となります。
飲み薬や膣錠、クリームでの治療で症状が収まった後も、再発するかもしれないということを踏まえて生活習慣などを見直すことをおすすめします。