ラミシールでカンジダを治療しよう

ラミシールはカンジダなどの真菌類を原因とする、膣の炎症症状などに効果を発揮する治療薬です。
有効成分のアリルアリン系の抗真菌剤テルビナフィン塩酸塩は強い抗菌活性と幅広い抗真菌スペクトラムを有しているのが特徴です。
服用するタイプの飲み薬で、腸から吸収されたテルベナフィンが、粘膜細胞や皮膚細胞内集まり真菌の細胞内へと移行します。
真菌細胞内の蛋白質合成酵素を選択的に作用し、細胞膜の生成を阻害することで殺菌的な作用を発揮するわけです。
服用方法は、ラミシールをテルビナフィン125mgとして、成人では1日1回食後に服用することになるます。
一回だけの服用で治療効果を期待できるのか疑問を抱く方もいらっしゃるでしょうが、ラミシールはカンジダなどの真菌類への細胞移行性に優れており、低濃度でも十分抗菌効果を期待できるのです。
ただし完治までに必要な期間は服用を続けることが大切です。
症状が緩和改善されたからといって、自己判断で服用を中止すると治る前に再燃する危険性があるからです。
ラミシールの入手方法は、病院の医師から処方箋を出してもらう方法や、通販を利用するなどの方法が考えられます。
違いは検査費用がかかるか否か、といった面での違いになるでしょう。
ただしラミシールでは服用する際に副作用を警戒する必要があります。
ラミシールは腸で吸収されるより先に肝臓で代謝されることになるので、肝機能を相対的に消費するわけです。
従って肝機能障害を引き起こすリスクがあります。
重症化するケースは稀ですが、服用中に全身倦怠感や全身がかゆくなり、皮膚や白目が黄色くなる等の黄疸症状が見られた場合、直ちに服用を中止し医師の診察を受ける必要があります。
さらにラミシールの副作用で注意するべきなのは、出血傾向です。
分かりやすく言えば、簡単な衝撃などで皮下出血などを引き起こす症状です。
出血傾向も重症化すると脳出血などの重篤な事態のリスクがあるので、服用中に皮下出血や歯茎や鼻からの出血が続発すれば、やはり服用を中断し、医師に相談して対処して下さい。

ラミシールはネットで買えるか?

通常医療機関で処方してもらうような薬(医療法医薬品)は専門医による処方せんが無い場合は購入できません。
しかしラミシールは、錠剤・クリーム共に薬の中でも第二類医薬品と呼ばれる一般用医薬品に分類されるため、通販サイトで購入が可能です。
もちろんインターネットの通販サイトでの購入も可能です。
比較的錠剤は軟膏薬に比べて市販薬が少ないですが、ジェネリックの錠剤は通販で手にいれることができます。
ラミシールは抗真菌作用が高く真菌系のカンジダの治療には効果的です。
医療機関にかからなくても自分でカンジダだとはっきり分かっている場合には、通販サイトでラミシールを購入して服用を続けることで十分症状が治ることが期待できます。
ラミシールの服用方法は、軟膏薬の場合は1日1回患部に塗布、錠剤の場合は、食後に決まった量だけ服用するといった形になります。
詳しくは箱や説明書の表記に従ってください。
気になるのは費用ですが、基本的には軟膏は10グラムで1000円前後、ジェネリック医薬品の錠剤は250mgの錠剤28錠で3000円弱となります。
一般の処方箋で同様の薬をもらうのとほとんど変わらない費用となり、診察料も考え合わせれば、大変経済的と言えます。
しかし、前述の通りラミシールには重症化の可能性は低いものの肝機能系の副作用のリスクがあるため、不安がある場合は医療機関の受診をお勧めします。
また、自分でカンジダだと判断した病気が、実は真菌性でなく細菌性であった場合は、むしろ細菌バランスを悪くしてしまい症状を悪化させてしまう場合もあります。
そのためカンジダだという確信が持てない場合も、医療機関の診察を受けるべきです。
以上のように、真菌性の症状がはっきりしている場合は、ネット通販などでラミシールを購入して服用する治療が非常に経済的かつ効果的であると言えます。